サブスクONEは、あらゆる業界のサブスクビジネスの効率化と成長を支援します

  • industry-saas

    ソフトウェア・SaaS

    顧客ニーズに応じた柔軟な価格プランでチャーンを減らし、LTVを向上

    ソフトウェアおよびSaaS業界では、競争が激化する中で、基盤となるテクノロジーと同じくらい、課金モデルも急速に進化しています。事業者は、定額・従量課金・一時金などを組み合わせ、顧客企業や消費者のニーズに応じた、柔軟な価格プラン・プロモーションが求められています。進化の早いSaaS業界では、市場ニーズに合わせた柔軟な価格戦略をスピーディに導入し、新製品の市場展開スピードを早めていく必要があります。

    サブスクONEは、ソフトウェアやSaaSの複雑なサブスクモデルをサポートするように設計されています。CRMや決済代行などの外部ツール、社内の顧客管理システムなどと連携し、利用データ収集、利用状況に応じた課金計算、自動請求、プロビジョニング、各種KPI分析などを柔軟に行う事ができます。

    導入事例
  • industry-mvno

    MVNO

    契約内容と通信・サービス利用量に応じた柔軟な課金プランを実現

    規制緩和や大手流通系企業等の参入により、格安携帯加入者が増加しています。それに伴い、従来の端末値引競争から、大手通信キャリアとMVNO事業者を交えた料金プラン競争へと、競争ルールも変わってきています。利用者に継続的に選ばれ続ける為には、顧客ごとの利用状況と競合戦略に応じた、柔軟な料金プラン変更が求められています。

    サブスクONEは、MVNOの複雑なサブスクモデルをサポートするように設計されています。ネットワーク設備、顧客管理システム、CRMや決済代行などの外部ツールと連携し、アカウント情報とサービス利用状況に応じた課金計算、自動請求、プロビジョニングなどを柔軟に行う事ができます。

    導入事例
  • industry-connectedcar

    コネクテッドカー・MaaS

    車内の顧客体験を追求し継続的な収益モデルの構築へ

    5G普及と自動運転などの技術発展に伴い、自動車利用と移動の概念が大きく変わってきています。自動車メーカと顧客の接点は継続的なものに変わり、安全・保険・コンテンツなどの車載接続サービスにより新たな収益機会が生まれました。自動車メーカ各社は、車両品質とブランディングだけでなく、運転前後の顧客体験の追求とそれに合わせた課金形態の構築が求められています。

    サブスクONEは、自動車・モビリティ業界の複雑なサブスクモデルをサポートするように設計されています。既存のERP、サービスを提供する社内システム、外部ツールなどと連携し、車両からのデータ収集、サービス利用状況に応じた課金計算、自動請求、プロビジョニングなどを柔軟に行う事ができます。

    導入事例
  • industry-iot

    IoT

    製品販売モデルからデバイス利用に応じた継続収益モデルへ

    日常生活や企業の生産現場において、IoTが新たな付加価値と圧倒的な効率性を生み出しています。先進企業は、製品を販売してメンテナンスや運用で利益を創出していた収益モデルから、付加価値の提供にコミットし、結果に応じた収益モデルへとシフトし始めています。IoTはスケーラブルで用途が広いため、柔軟な契約形態・課金プランのスピーディな導入が求められます。

    サブスクONEは、製造業の複雑なサブスクモデルをサポートするように設計されています。既存のERP、サービスを提供する社内システム、外部ツールなどと連携し、デバイスやエッジからのデータ収集、利用量に応じた課金計算、自動請求、プロビジョニングなどを柔軟に行う事ができます。

  • industry-media

    メディア

    魅力的なコンテンツを継続的に提供するバックエンドソリューション

    モバイルシフトに伴い、メディア業界は、商品・コンテンツ起点の単発収益モデルから、継続利用を前提とした柔軟な販売モデルへ移行し始めています。映画・音楽・ニュースなどのコンテンツをオンライン - オフライン両面で多面的に提供する事で、各企業は大量のトランザクションを処理し、従量課金・バンドル契約・段階課金・顧客別料金設定などを含む複雑な契約形態の管理に追われています。

    サブスクONEは、メディア企業の複雑なサブスクモデルをサポートするように設計されています。既存の社内システムや外部ツールと連携し、コンテンツ管理・契約管理・課金計算・請求・プロビジョニングなどを柔軟に行う事ができます。

  • industry-gas

    電力・ガス

    ダイナミックな競争を勝ち抜く革新的な価格戦略の導入

    電力・都市ガスの全面自由化に伴い、新旧事業者によるダイナミックな競争が繰り広げられています。事業者は継続利用してもらう為の魅力的な価格プランと新たな付加価値提供が求められています。そうした背景から、各社の課金形態は、単純な従量課金だけでなく、時間帯別料金、階段状の逓増制、電気・ガス・通信のバンドル契約など、複雑な課金モデルに移行しています。

    サブスクONEは、エネルギー産業の複雑なサブスクモデルをサポートするように設計されています。既存のERP、社内システム、外部ツールなどと連携し、エネルギー使用量・時間帯に応じた自由な課金計算、自動請求、プロビジョニングなどを柔軟に行う事ができます。

  • industry-live

    ライブエンタメ・スポーツ

    観戦・飲食・グッズ・動画など多面的かつ継続的なファンサービスの提供

    スタジアム・アリーナのデジタル化、メディアのモバイル / SNSシフトなどに伴い、一部のプロスポーツクラブ・アーティストは、従来のファンクラブを拡張する形で、ファンとの接点を増やし、多面的なサービスを提供し始めています。また、ファン体験の変化に伴い、新たな顧客獲得に向けたプロモーション、既存契約や顧客ロイヤリティによって柔軟な料金プランを提供するなど、価格戦略にもフレキシビリティとスピードが求められています。

    サブスクONEは、プロスポーツクラブ・アーティストなどの柔軟なサブスクモデルをサポートするように設計されています。既存の顧客データベースや外部ツールと連携し、コンテンツ管理・契約管理・課金計算・請求・プロビジョニングなどを柔軟に行う事ができます。

サブスクビジネス管理に必要な機能をひとつに

サブスクONE(サブスクワン)は、SaaS等のサブスクリプションビジネスの管理に必要なコア機能を提供するプラットフォームで、周辺システムとの柔軟な連携が可能です

資料ダウンロード無料