サブスクビジネス管理に
必要な機能をひとつに

サブスクONE(サブスクワン)は、SaaS等のサブスクリプションビジネスの管理に必要なコア機能を提供するプラットフォームで、周辺システムとの柔軟な連携が可能です

  • 料金プラン
    設定
  • 契約管理
  • 従量課金・
    自動計算
  • 請求・決済
    回収
  • KPI管理
メインビジュアル

サブスクビジネスで良く耳にする
こんな課題を解決します!!

  • お悩み
    1

    課金プラン・契約形態を拡張できない

    • 社内システムやECカートでは単純な定額課金や契約形態しか組めない
    • 顧客獲得に必要なキャンペーンや料金プラン修正が機動的にできない

    あらゆる課金プラン・契約形態を実現!

    • 基本となる課金パターンを選択・組み合わせて、パラメータ調整
    • キャンペーンや課金プランなどをユーザ側でフレキシブルに修正

  • お悩み
    2

    データを集めて、手作業で計算・管理

    • 契約内容やサービス利用量に関するデータが複数システムに分散
    • Excelなどで計算してから、システムに手動でアップロード

    データを一元管理、プロセスも自動化!

    • 社内の既存システムや外部ツールと連携して必要なデータを一元管理
    • 課金計算・請求プロセスも自動化

  • お悩み
    3

    どの指標を見れば良いのか分からない

    • SaaSやサブスクビジネス特有の指標に馴染みがなく、どれが重要か分からない
    • KPIごとの因果関係が分からず、要因を深堀りできない

    自社の課題指標を KPIツリーで可視化!

    • 業界初となるツリー構造のダッシュボードで、自社の課題を可視化
    • 顧客ごと、商品ごとなど、さらなる深堀り分析も可能

サブスクONE 3つの特徴

特徴1社内システムやクラウドツールとの柔軟な連携
特徴2サービスを自由に設計できる、柔軟な課金プラン

基本となる課金パターンの選択・組み合わせとパラメータ調整で、多様な課金プランに対応できます。
課金ロジックに矛盾がなければ、サブスクONE上で全て実現可能です。

characteristic

定額

  • 月 / 年定額

従量

  • 比例 / 逓減 / 逓増従量課金
  • 上限 / 下限付き従量課金
  • 2段階 / 多段階従量課金 など

オプション

  • アップセルを目的としたオプションサービスの提供

一時金

  • 売り切りサービス(物販など)
  • 各種手数料
  • 加入時 / 休止時 / 解約時発生一時金 など

割引

  • 条件付割引(定額・従量)
  • 日割り対応
  • 複数サービス間の条件付き料金・割引
  • 複数契約者間の条件付き料金・割引(家族割など)
  • 複数契約者間の分け合い など

キャンペーン

  • 加入時期間限定割引
  • 条件付き(一定以上利用、紹介など)期間限定割引 など

サイクル

  • 契約期間
  • 課金サイクル
  • 請求サイクル
特徴3業界初! KPIツリー型のダッシュボード

単発のモノ売りとサブスクビジネスでは、収益モデルが大きく異なります。
サブスク特有のKPIを正しく理解し、自社の課題となっている指標を特定・改善し続けていく必要があります。

ダッシュボードで設定されているKPIツリー

characteristic
dashboard

その他にも、サブスクビジネスの基本的なKPIを網羅
(今後、開発予定)

  • ACV
  • レベニューチャーンレート
  • TCV
  • Quick Ratio
  • 課金顧客率
  • CAC回収期間 など

課題を発見しやすい画面・機能
(一部、開発予定のものを含む)

  • 主要KPIの設定・トップ表示
  • 月別 / 年別 の推移表示
  • 前月比、前年同月比の表示・アラート
  • 予算・目標値の設定、予実比較
  • 商品別 / 顧客別のドリルダウン

こうした特徴を提供できる背景には、システムの成り立ちに裏付けと特色があります。

サブスクONEが生まれた背景

サブスクONEが生まれた背景

導入事例

サブスクONEは、あらゆる業界の複雑なサブスクリプションモデルを実現し、顧客ニーズに応じて柔軟に変更・拡張できるよう設計されています。

ソフトウェア・SaaS

MVNO

コネクテッドカー・MaaS

IoT

メディア

電力・ガス

ライブエンタメ・スポーツ